弁理士について


弁理士について

 

弁理士は、知的財産権および知的財産権に関わる
さまざまな権利の取得や権利をめぐる紛争等において法律で定められた様々な手続を、その権利者の立場に立って行っていきます。

例えば、新規に創作したものや工業デザイン、
業務上の信用などを、特許権、実用新案権、
意匠権、商標権等の形で権利化するために、
特許庁へ出願手続を代理で行ったり、またそれらを取消しあるいは無効とするための異議申立手続を
行ったりします。


その他、出願する前に、出願する予定の商標と同一あるいは似ているものが
既に出願・登録されていないかなどを事前に調査することもできます。

以前にブームにもなった、「主婦のアイデア商品」などがいい例でしょう。
自分のアイデアを商品化する際に、まずは類似したものがないか事前調査し、
登録されていないようであれば、特許を取る為に出願するわけです。

しかしその際には、特許請求の範囲(文章で表現します)、要約書、
発明の明細書(従来技術、目的、効果、発明の詳細な説明等)や、必要に応じて
図・表など多くの書類が必要となります。

自分でそれを行うことが難しい場合には、弁理士に依頼し諸手続を代理で行ってもらう、
あるいはアドバイスをを受けるといった方法を選択する事ができます。
弁理士は、知的財産のスペシャリストとして力になってくれるでしょう。

「特許を申請する」機会は、大企業でもない限りそう多くはないかも知れませんが、
商標登録」の出願を行う企業や個人事業者は少なくありません。

商標登録においても、代理人として出願できるのは弁理士だけです。
出願手続きだけでなく、出願前の調査や商標登録に関する相談なども受付しています。
大きな利益または損害に繋がることですので、専門家である弁理士に任せる方が賢明でしょう。