税理士について

税理士とは、その名の通り税務のプロフェッショナルです。

納税者の依頼により会計帳簿の記帳、税務調査の立会い、税務の相談などの仕事を行います。

 

例えば、

・税務の代理

税務官公署に提出する確定申告、青色申告の承認申請などの代理

・税務書類の作成

確定申告書、青色申告承認申請書、不服申立書等などの代理作成

・税務に関する相談

所得金額や税額の計算や、贈与、相続などの税に関する相談

・会計などに関する付随業務

会計帳簿等の作成、財務書類の作成など

・その他経営面のコンサルティング業務など

など業務内容は多岐にわたります。

 

身近な例で言うと、例えば住宅を購入する際に親から少し援助してもらう場合など、金額によっては贈与税がかかってきます。また、主婦の人が株で少し儲けたという場合などでも確定申告が必要になってきます。

税務上の事を理解していないと追徴課税を受ける場合もありますので、分からない場合には税理士に相談すると良いでしょう。