不動産鑑定士について

不動産鑑定士とは、不動産の適正価格を決める専門家です。

主な業務は、

・地価公示、地価調査、相続税標準地等の評価
・公共用地買収等に関する資産評価
・賃料改定や相続等に伴う訴訟案件の評価
・破産、会社更生等に伴う資産評価
・一般的な不動産売買に当たっての参考資料としての価格評価
・現物出資、企業会計上の必要による資産評価
・固定資産減損会計、固定資産の時価評価等の決算対策
・節税対策、税務署向け鑑定評価書の作成

などがあげられます。

例えば、

 ・適正な賃料はいくらか?
・土地を売却する場合に、適正な金額で売却したことを証明したい
・今、会社の土地・建物はいくらなのか?
・個人の財産を分割する際の相続財産はいくらか?

など個人では判断できません。
不動産の価格に関する様々な問題やトラブルを抱えている場合には、不動産鑑定士に相談・依頼し、適正評価を行ってもらいましょう。