行政書士について

最近では、行政書士がドラマの題材となることも多く、注目を浴びつつあります。
行政書士とはどのような職業なのか、その内容と魅力をご紹介します。

[仕事内容]

行政書士の仕事内容は、主に以下の三つとなります。

1.書類作成&相談業務

「官公署」(市役所・県庁および警察署、保健所など)に提出する書類や、その他権利義務や事実証明に関する書類を作成します。
ただし、他の法令で制限されているものは含みません。

また、そのような書類を作成する上での相談にも応じます。

○作成書類の例
・建設業許可申請書作成
・風俗営業許可申請書作成
・内容証明書作成
・遺産分割協議書作成

2.書類提出代理業務

行政書士が作成可能な書類を官公署に提出する際、代理人となることができます。
これは、平成14年の改正された行政書士法に伴い、行政書士に与えられた権限であります。

代理人として書類を提出することが認められようになったおかげで、書類作成から提出に至るまでスムーズにサービスを提供することができるようになりました。

3.聴聞代理業務

許認可などに関して行われる聴聞および弁明の機会の付与の手続きや、その他の意見陳述のための手続きを行う際、代理人になることができます。
これは、平成20年の行政書士法改正に伴い、「聴聞代理権」と「弁明代理権」として明文化され、新たに加わった業務でもあります。

許認可が取消される際に行われる意見陳述の場、いわゆる聴聞手続に代理人として参加することができ、プロとしての意見を述べることが認められています。

[行政書士の魅力]

行政書士の資格を取得していると、行政書士登録をし、独立開業をすることが可能になります。

自宅を事務所として登録することもできます。
そのため、コストを抑えて開業することができるのも、行政書士の魅力といえるでしょう。

行政書士の業務には、ありとあらゆるものがあります。
数千〜数万種類あるといわれているほど、その業務内容はとても幅広いものなんです。

伝統的な業務でいうと、許認可申請業務や契約書作成業務など。
他にも、まだ開拓に至っていないジャンルも大変多くあると言われています。

行政書士の資格は、他の資格取得へのチケットにもなります。
例をあげると、行政書士試験の出題科目の一部は「司法書士試験」や「宅地建物取引主任者試験」と同じなんです。

また、行政書士試験を通過すると、短大以外の大学において、単位を62以上修得していなくても「社会保険労務士試験」の受験資格が与えられます。
さらに、行政書士登録をすることで「弁理士試験」が免除となります。

行政書士を目指して学んだ内容は、無限の可能性につながるということですね。
ぜひ、ダブルライセンスの取得を目指したいところです。