会計士について

今、公認会計士の専門的知識は、いろんな場で必要とされています。
急速に活躍の場を広げる公認会計士とは、どのような職業なのでしょうか?
その内容と魅力を見てみましょう。

[仕事内容]

会計士の仕事内容は、主に以下の3つがあります。

1.監査業務

企業などから、財務諸表の監査依頼を受けます。
それから、実際に監査業務実施前に、企業と監査契約を結びます。
その後、訪問および監査業務を行います。
監査業務を実地するにあたり、実際に顧客を訪問した際に入手した多くの資料をもとに、検討することとなります。

そして、会計のプロとし、独立の立場から財務諸表に対する意見表明を行います。

2.コンサルティング

監査業務や税務業務を通し、習得した経験やノウハウをもとに、企業の経営・財務・税務にまつわる相談に応じるのも、会計士の仕事の一つ。
これらの業務を全てまとめて、「コンサルティング業務」と呼ばれています。

この業務は、とても大きなものでもあります。
経営計画や戦略の立案、組織決定など、企業の重要な決定に影響を及ぼすものなのです。
つまり、重要な局面に関わるものということになります。

こういった業務に特化しているコンサルティング会社の場合、会計士は他のジャンルのプロたちとチームを組みます。
そして、衆知を結集して企業に対し、積極的にアドバイスをしたり、問題解決にあたったりするのです。

なお、企業内公認会計士となることもできます。

3.税務業務

公認会計士の資格を取得し登録を行うと、税理士と同じ税務業務の遂行が可能になります。
税務業務は、「税務の代行(中小企業や個人の税務申告を代行)」と、「税務相談(税務に関する相談に応じる)」の二つになります。
早くいえば、会計・税務の専門家として適切なサービスを提供するということです。

監査業務とは違い、税務業務は個人開業も可能です。
独立開業を目指すなら、税務業務も選択肢の一つに考えられるでしょう。

[会計士の魅力]

公認会計士になって間もない頃の年収は、620万円程度のようです。
5〜6年のキャリアを積むと、年収880万円ほどにアップすると考えられます。
個人の場合はそれぞれの能力などによって大きな差がありますが、年商1億を超えるケースもあるようです。

公認会計士には、男女で差が生じることがないのは、女性にとって大きな魅力ではないでしょうか。
処遇や給与などは、全て平等なのです。

最近では、女性の公認会計士も増えているようです。
自分の実力を思う存分活かしたいという女性の方にも、オススメの資格といえます。