社会福祉士について

社会福祉士は、身体的・精神的などに何らかの事情があり、スムーズに生活を送るのが難しくなっている人たちを支援するのが仕事となります。
社会福祉の専門的知識や技術をもって、生活をするのが困難な人たちの相談に応じ、問題解決に努める専門職です。

社会福祉士は、あらゆる社会福祉ニーズを持つ人たちに、それぞれが置かれた状況や問題を的確に把握しなくてはなりません。
そのうえで、様々な社会資源を活用して、本人やその身内が必要としているものを補う相談援助の国家資格をもつ専門家と言えるでしょう。

社会福祉士は、ソーシャルワーカーと呼ばれています。
また、社会福祉士の行う仕事は、ソーシャルワークと呼びます。

社会福祉士の行うソーシャルワークとは、社会福祉援助のことを指します。
人々が生活を送る上での問題を解決・緩和することで、利用者の生活の質を高める支援をすることを言います。
支援を行う上でも、現在ある社会サービスだけでは足りないものがある場合は、制度を含めた社会資源開発も仕事の一つになります。

ソーシャルワークの要が何であるかというと、面接です。
面接を通し、相手が抱えている問題の核心や、それぞれが求めるもの・必要なものを明確にします。
そういったことを明らかにし、誰がどんな風に、どのような解決策を図るべきなのかというようなソーシャルワークを実践していくこととなります。
ソーシャルワークの方法には、問題を抱える人たちを直接援助する「直接援助技術」、問題を解決するための制度作成、問題発生を防ぐための取り組みの推進などをする「間接援助技術」、そして「関連技術」があります。

社会福祉士の活躍の場は、以下のように幅広いものになります。

・老人施設(老人ホーム、障害者施設など)…利用者の生活に関わる相談援助、連絡調整など。
・地域の福祉サービス(社会福祉協議会、在宅介護支援センターなど)…地域住民のための福祉相談窓口など。
・医療機関(病院、保健所など)…患者と患者の家族の社会復帰を援助など。
・社会福祉養成施設…社会福祉士養成施設の講師。
・独立型社会福祉士事務所…サービスの第三者評価や介護支援およびケアマネジメントなど。

社会福祉士は、あらゆる分野で活躍します。
したがって、求められる能力も多様なものとなります。
人と深い関わりをもつ職業であるだけに、判断力やコミュニケーション能力、観察力なども大変重要となります。

人々が生活を送る上で抱える問題解決にあたるという役割であるだけに、これからますます必要とされる存在となることでしょう。